ニセカラクサケマン(偽唐草華鬘)

学名Fumaria capreolata
英名:-
分類真正双子葉植物類 キンポウゲ目 ケシ科
花期:春
分布:北海道、本州、四国、九州
その他:ヨーロッパ原産の帰化植物

ニセカラクサケマンの花
ニセカラクサケマンの花

概要、特徴、生き方など

 道端や小川沿い、公園の植え込みなど様々な場所で、数十本が群生して花を咲かせていることが多いです。

 ムラサキケマンと似ていますが、ニセカラクサケマンは、花の根本から8割程度が真っ白ですが、ムラサキケマンは薄紫色のため容易に見分けられます。

関連する生き物

ムラサキケマン
ムラサキケマン(近縁種)

コメント

タイトルとURLをコピーしました