キアゲハ(黄揚羽)

学名Papilio machaon
英名:-
分類昆虫綱 チョウ目(鱗翅目)アゲハチョウ科
サイズ:10cm前後(成虫)、~6cm程度(幼虫)
時期:春~秋
分布:北海道・本州・四国・九州
レッドリスト(絶滅危惧種):掲載なし

キアゲハ成虫
キアゲハ成虫

概要、特徴、生き方など

 成虫はナミアゲハそっくりですが、終齢幼虫は全く違う姿をしています。成虫は春から秋にかけて花畑などで見られます。

 幼虫はセリの仲間セリパセリミツバ)などの植物を食べて育ちます。

自然界での役割(サイト管理者の私見です)

 幼虫はセリの仲間の植物を餌にしていることから、それらの植物が光合成によって蓄えた栄養を、動物性の栄養に転換する役割を果たしているのではないかと考えられます。また、セリの仲間が繁茂しすぎることを抑える役割もあるかもしれません。

 成虫は、花の蜜を吸うことから、一部ポリネーターとして、受粉の役割を果たしていることも考えられます。

関連する生き物

ナミアゲハ
ナミアゲハ(同属種)
クロアゲハ
クロアゲハ(同属種)
ナガサキアゲハ
ナガサキアゲハ(同属種)
モンキアゲハ
モンキアゲハ(同属種)

コメント

タイトルとURLをコピーしました