アカハネオンブバッタ(赤翅負飛蝗)

学名:Atractomorpha sinensis
英名:-
分類バッタ目(直翅目)オンブバッタ科
サイズ:3cm前後(成虫)
時期:春~秋
分布:南西諸島、近畿・四国
レッドリスト(絶滅危惧種):掲載なし
その他:南西諸島以外の個体は国内外来種(本来生息していなかった)

アカハネオンブバッタ成虫(上が♂、下が♀)
アカハネオンブバッタ成虫(上が♂、下が♀)

概要、特徴、生き方など

 元々は南西諸島(沖縄)に生息していた昆虫ですが、近年、近畿地方でもみられるようになっています。

見分け方

似た昆虫との見分け方

 オンブバッタととてもよく似ていますが、後翅の色で見分けられます。
 後翅に赤い色がついていたらアカハネオンブバッタ、そうでない場合はオンブバッタです。

アカハネオンブバッタの後翅

関連する生き物

オンブバッタ
ショウリョウバッタ

コメント

タイトルとURLをコピーしました